So-net無料ブログ作成

ファッションオタクです? って [言葉]

今日の日テレ「ZIP!」では、リア充オタク特集が組まれて、「リア充」や「オタク」についてのツッコミが多いようだ。

現在進行形の言葉って、なかなかむずかしい。長く使われてきているものだと、まあこの辺のところという、収まりどころもあるだろう。

が、そうもいってられない。

「リア充」よりは「オタク」のほうが、古い分落ち着いてきているかと思えば、だいぶ変化している。

「オタク」でさえ、

おたく→オタク→ヲタク

のような変化も見せている。

オタクファッション.jpg


昔「おたく」は、埼玉少女殺人事件で有名になったので、家に閉じこもりがちで、それしか趣味がなく、友達もいなくて暗いイメージだった。

しかし、今は、何かに集中して事を進め、どちらかというと、神経を注いで何事かをなすカッコいい方に傾いている感じも見受けられる。

そういえば、「ヤバイ」もすっかり反対の意味になって定着してきて、ちょっと年配になると、どっちの意味で使っているかよく聞かないと間違うこともある。笑。

さて、まえがきが長くなったけど、
今日気になったのは、

「ファッションオタク」

何も知らなきゃ、ファッションが好きな、ファッションにのめり込んでる"おたく"かと思いきや、

ぜんぜん意味が違って、

ファッションオタクの、この場合のファッションは、にわか とか にわかに とか 擬似 とか の意味になり、

「にわかオタク」といった意味合いになるようだ。

「オタク」自体が崇められて、オタクであることを表面的に装っている、または、自分のキャラとしてオタクを演じている人のような意味合いです。

実際、「イヤ~、私オタクなんで」とちょっと誇らしげだったり、「私なんてオタクには入らないですよ~」と謙遜してみたりと、「オタク」は、一種あこがれの存在になりつつ…。

さて、
「ファッションオタクです」
というのか、
「オタクです」
っていうのか、

今後「オタク」は、「オタク」を目指すのがカッコいいとなってしまうのかなぁ。

あ、まだ「オタク」と「ヲタク」の違いはよくわかってないけど、
イメージでは、「ヲタク」の方が
よりそれっぽいイメージはあるかな。

それでは、また。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。